年齢肌が気になるお年頃
  • HOME >
  • 出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、イロイロなトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルも珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使い保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば飲む美容液。

ローズヒップティーです。


レモンとくらべて20倍以上というほどのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミ、そばかすを抑え、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、若返りにもいいかも知れません。当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。

この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、巨大なクマやほうれい線が急に顏の中で存在を主張し始める気がするからです。こうなる前は、一日が終わって肌がとっても疲れていても、ケアして眠れば翌日にはちゃんとげんきを取り戻していたと思うのですが、38歳以降肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、皮脂や汚れが落ちる上に、シミが気にならなくなったとネットで話題になっているのですが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。重曹というものは精製度によって、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。


そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、潤いを補充してちょうだい。甘いものはつい食べてしまいがちですが、要注意です。糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化の進行を加速指せる糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。
コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態になってしまいます。

若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかも知れません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアもしないで、若いしまだまだ問題はない、と思っていませんか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。

シワが発生する、その主な原因は肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、とりワケ、それらが日々積み重ねられていくというのが肌への影響を大きくします。
ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。



それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。


クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化指せるようなイメージで、爪をたてずに指の腹で、優しくオフすればOKです。



何にしても、力を加減することが大切で、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!と、まあ、それができれば理想的なのですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。例えば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミは人それぞれです。


簡単に言うと、シミができやすい肌というものが存在しているのです。
詳しく言いますと、白くてきめの細かい肌質の事です。見分け方についてですが、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。美しい肌はそれだけ繊細なものです。お肌のシミについては、ご家庭でのスキンケアによっても多少は改善することも可能でしょう。



でも、すっかりキレイにするというのは非常に大変でしょう。
ただし、望みがないワケでもないです。美容外科であれば消し去ることができるでしょう。



もしも、家庭のスキンケアでは改善しないシミに悩んでいるのであれば、専門医に相談しみることをお奨めします。クリニックによっては、カウンセリングを無料で受け付けている事もあります。

肌は肝臓の窓だと言えます。

たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通して作られた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を無害にしているのです。肝臓での解毒が十分でないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。

肌に悪影響を及ぼすのです。
過剰なストレスを肝臓に与えないことが、お肌の健康美を高めるキーポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)なのです。

関連記事はコチラ

メニュー