年齢肌が気になるお年頃
  • HOME >
  • 健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かく

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かく

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。
この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。
キメが整っている肌を見ると皮溝に囲まれた皮丘に水分がふくまれ、形も均等によく揃っているものです。ところが、身体の表面を覆う表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能が上手に働かないでいると、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになるんです。真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。
例えば、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)の量が同じだとしても、肌に出来るシミはその人の肌の性質によってちがいます。



それはつまり、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)がシミになりやすい肌というものが存在しているのです。具体的な話では、白くてきめの細かい肌質の事です。
簡単な見分け方は、日焼けした時に黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響を持たらしているのです。その主な症状の一つであるのが、最近、テレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。


ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが一般的に言われています。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)によってできるシミよりも治療面において厄介であるという特徴があります。ここ数年間のことですが、肌のしわのことがどうにも気になり、焦燥感をおぼえています。


その中でも一番困りものなのは目尻にできてしまった、笑いじわなのです。


目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、こまめなスキンケアをおこなうようにしている部分なのですが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。
そこで、クリームを塗り重ねたりして、保湿にはとにかく気を使うことを常に考えているのです。

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)やターンオーバーの不調が、お肌のくすみを引き起こすといったデータもあります。乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。


特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれるでしょう。
マッサージに利用するのは持ちろん、スチームの容器に何滴かたらして使ってみるのもよいかもしれません。よくテレビで芸能人の肌をみたりすると、シミなどなく、まさに美しいといえます。ですが、人間であることに変わりはありませんので、実際のところは、肌トラブルに悩向ことだってあるでしょう。


数多くの人から見られるシゴトということもあり、悩みを解決するために、他人よりもずっと躍起になっているにちがいありません。
その方法に注目してみると、日々の肌のお手入れに活かせるかもしれません。持と持と肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいということを、ご存知でしたでしょうか。



もしかしたら自分がそうかもしれない、と心当たりのある場合は肌の自己チェックをしてみましょう。そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かもしれません。


皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというと皮膚に厚みがないと、単純に場所がありませんから、水分を含んでおくことができません。すぐに乾燥し、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。



そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌の状態には常日頃から気にかけるようにして頂戴。肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。そもそもシミとは何なのかに着目すると、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。肌のターンオーバーを促進することでシミを目たたなくしやすいのですが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、効果をより実感できることでしょう。



ですが、ピーリングによる過剰なケアはお肌の負担となってしまう危険性もあります。毎日シゴトシゴトで過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。そんなある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てひっくり返りそうになったのです。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を思い知らされた気がしたのです。



この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どれ程疲れていようが、家に帰ったら本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、自分の肌を保護しよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。


緑が鮮やかな緑茶は、カテキンを多く含んでいます。
カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂ることができれば、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを予防してくれるのです。

関連記事はコチラ

メニュー