年齢肌が気になるお年頃
  • HOME >
  • お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。肝臓には

お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。肝臓には

お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。肝臓には多くの血液が流れており、作られた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を無害にしているのです。
肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質が血液中に増えていき、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。日頃から肝臓の調子に気を配ることがキレイな血液、健康的な肌へと近づくために欠かせない要素です。当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。
なにしろ、この年齢になると体の疲れはナカナカ消えてくれないし、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインがなんだか急に顔の中で目たつ存在になってきたように思えます。
38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ケアして眠れば翌日にはちゃんとゲンキを取り戻してい立と思うのですが、38歳になって、またそれ以降はお肌の調子が整うまで、とっても時間がかかってしまい、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。シワの原因をご存知でしょうか。
これはいくつもあるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、皮膚表面のシワが増えて行く事になります。


シワが目たつ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて乾燥の影響を受けやすくなっており、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するというワケです。
それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減っていくばかりですから、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。


シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはパックでしょう。

一日のおわりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす一息つける時間です。

自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかも知れません。ごく普通のプレーンヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにしてこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。
ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしシワにも効いてくれるのではないでしょうか。



甘いものはつい食べてしまいがちですが、気をつけて下さい。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。
過剰な糖分とタンパク質が結合し、老化の進行を加速指せる糖化生成物に変化するのです。


真皮でコラーゲンが糖と反応すると、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果になることもあるのです。シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。



シミがある方の場合、まず、どみたいな種類のシミなのかしっかり調べてください。
どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければ肌荒れや白斑の原因になってしまいます。



医師の指導に従って、服薬やレーザー治療を受けることも出来ますけど、日頃の生活の中で、シミの原因を作っていないかどうか考えることがシミを薄くし、健康な白い肌へと導く方法だと肝に銘じてください。


お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、肌の細胞の内で造り出されたメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。お肌のターンオーバーを正常化することでシミを目立たなくしやすいのですが、市販のピーリング(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。
たまに全く興味のない女性もいますが)剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらに効果がアップします。
とはいえ、ピーリング(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。たまに全く興味のない女性もいますが)をし過ぎるとかえってお肌にダメージを与えてしまうことになるはずです。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。
皮膚の構造として一番外側は表皮です。表皮は薄い層の重なりとなっています。

引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人によってそれぞれ違いが見られます。

一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があります。
具体的な話では、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。簡単な見分け方は、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだと言えます。白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。
一日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれるでしょう。お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がお肌にたまって、くすみやシミを引き起こしてしまいます。また、肌の奥から乾燥して、くすみも小じわもほうれい線も増えて目立ってきます。


ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

関連記事はコチラ

メニュー