年齢肌が気になるお年頃
  • HOME >
  • お顔にシミが目立ってくると、もっと

お顔にシミが目立ってくると、もっと

お顔にシミが目立ってくると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。



高齢になっていくにつれて、肌の回復する力が弱まり、これくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、日焼け対策は怠ってはいけません。帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それと供に、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。
お肌のくすみを引き起こす要因として、糖分を摂りすぎていないか考えて頂戴。



お菓子でオナカを満たしているとお肌の外側からいくらケアしてもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。



コラーゲンと糖が結合し、働きが弱まっていると考えられます。コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンが糖化したと考えています。全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけて頂戴。以前、大人気だったガングロが今再びブームの予感です。ファッションの流行の一つとして根付きつつあるとも思えますが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。

誰でもではないと思いますが、ある程度ガングロをつづけてからガングロを卒業した場合、ケアしていた人よりも多くのシミが目につきやすくなると言えるのです。

ホワイトニング成分としては色々ありますが、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。シミの原因ともなるメラニンの生成を防ぐという働きをしてくれるはずです。なおかつ、成長分子を含んでいるおかげで、新陳代謝を促し、蓄積された古い角質と一緒にシミからも解放されることでしょう。潤いの代表コラーゲンの生成をアップする効き目もあって、これが美肌(スキンケアも大切ですが、生活習慣や食生活も重要です)の秘訣かも知れません。

女性にとってこんな嬉しいことはありません。仕事と生活に精一杯のアラサーです。
毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見て悲鳴を上げそうになりました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、思い知らされた気がしたのです。

こんなことがあってから、私は決めたことがあります。
どんなに疲れて帰ってきてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、お肌を守ってあげよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。


肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。保湿はもちろん、美白に有効な成分を贅沢にしみこませているシートマスク(付けていても息苦しくないものやメイクが落ちないように工夫されたものもあります)でパックすれば、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働聴かけ、肌がワントーン明るくなるでしょう。うっかり日に焼けてしまった時にはとても効果的で、日が変わらないうちに、きちんとケアしたら、シミが予防できます。
肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいということを、ご存知でしたでしょうか。顔にシワができやすいと自分で思っている人は肌を見て、チェックしてみましょう。肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。


なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというと皮膚に厚みのある場合とくらべ、皮膚に水分を溜めておけませんから、肌のハリが失われ、結果シワが目たつことになります。
そして通常、肌は年齢と供に薄くなっていくものであり、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしましょう。個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。
この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが激しく存在アピールをはじめるようになります。38歳になるまでは、肌の調子がすさまじく落ちていても、ケアを施せば次の日、元気になっていたと思うのですけど、38歳を過ぎたら元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。


そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘も駆使して1年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、対策を怠り、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。



冷やして熱をとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。こまめなケアでシミ、シワ改善となり、アンチエイジングできます。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが目たつようになってきたんです。元凶はあれしか考えられません。太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。



靴をはけるまでに成長したコドモと親子そろって毎日、公園で遊んでいました。お出かけの準備は戦争です。
コドモの持ち物を揃えるだけで一仕事、まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。
紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

関連記事はコチラ

メニュー